太田南畝

太田南畝

江戸後期・天明年間の文化人狂歌師、戯作者、漢詩人。号は蜀山人

旗本の家に生まれ、インテリとして当時(田沼政権期)のサブカルチャーを引っ張ったフィクサー。寛政の改革(反動期)はお役目に忠実な幕臣に早変わり。その文才に加えてフットワークのよさでも特筆されるべき人。

関連リンク:

http://www.edoshoga.jp/nanpo.html

* はてなダイアリーキーワード:太田南畝