人生丸ゴト握ッテ回ス (野口武彦著作データ)

野口武彦著作DBへようこそ。このページについて概要が知りたければ、このページに飛んでください。

2004-12-19幕末パノラマ館

[][]基本情報

Title
幕末パノラマ館
発行日
2000/4/10
出版社
新人物往来社
ISBN
4404028555

幕末パノラマ館

[][]目次

  • 一 麻布一の橋の暗殺
  • 二 江戸の焼野原
  • 三 春の紅葉
  • 四 さまざまな徳川慶喜
  • 五 権力の奥座敷
  • 六 国芳えがく
  • 七 首を提げた通行人
  • 八 探索網の穴
  • 久 三田の解放区
  • 十 薩摩藩邸へ突入せよ
  • 十一 品川沖の海戦
  • 十二 蒸気船の回廊
  • 十三 1868年・神戸
  • 十四 技術情報のあけぼの
  • 十五 幕府海軍の夜明け
  • 十六 やつらの鉄砲はすごい
  • 十七 制高地点を確保せよ ―長州戦争・芸州口の戦闘
  • 十八 女子までが竹槍を ―長州戦争・大島郡の戦闘
  • 十九 海陸の激戦 ―長州戦争・小倉口の戦闘(上)
  • 二十 戒律の激戦 ―長州戦争・小倉口の戦闘(下)
  • 二十一 幕府軍目付、玉砕す
  • 二十二 長州勢は銃隊のみ
  • 十三 戦場風景あちこち
  • 二十四 英霊たちの帰還
  • あとがき

[][]出だし・あとがき

麻布一の橋から赤羽橋に向かう道は、昔は古川に沿って片方が柳沢侯の下屋敷、片側が草ぼうぼうの原っぱという景色だった。幕末の文久三年(1863)四月十三日の夕方、一の橋を渡って一、二間という場所に一人の立派な身なりの武士が斬られて倒れていた。頭を総髪にしていた首は半分断たれて落ちかかっていたという。その死骸は、当時浪士団を組織して攘夷運動に暗躍していた大物、清河八郎である。斬ったのは、後に京都見廻組の組頭になった佐々木只三郎ほか数名であった。(「一 麻布一の橋の暗殺」)

(中略)

 最初に何の構想も立てないのが主義であった。一章一章が独立した一場面であるような出来事をアットランダムに、いわば乱数表的に集めてきて、断片的な小事件の画面を連ねて全景を作るつもりだったのである。ところが始めてみたら、このパノラマは静止画像ではなく、場面ごとに動きがあった。一つの動きはかならず次の動きを呼び込むのである。

 平和な時代には、社会のさまざまな出来事はいっとき周囲に小波を広げるが、またすぐに元の平衡を取り戻す。いくつもの波紋が広がってはたがいに打ち消しあって静まるのが平時の常態である。

 ところが幕末がそうであったような危機の時代には、出来事はまったく違う動き方をする。幕末社会の水面はいったん波立ったら以前の平穏さを回復することはない。次から次へと連鎖反応を呼び、化学的な不可逆反応に似たプロセスを終局まで突き進まずにはいないのである。本書の二十四章もまたそのような流れに従っている。(「あとがき」)

ゲスト