人生丸ゴト握ッテ回ス (野口武彦著作データ)

野口武彦著作DBへようこそ。このページについて概要が知りたければ、このページに飛んでください。

2004-11-07江戸と悪 ―『八犬伝』と馬琴の世界

[][]基本情報

Title
江戸と悪 ―『八犬伝』と馬琴の世界
発行日
1992/2/28
出版社
角川書店
ISBN
4048833030

江戸と悪―『八犬伝』と馬琴の世界

[][]目次

曲亭馬琴論のためのディスクール(プロローグ)

  • 失われた原理を求めて
  • 船虫はなぜ殺されたか
  • 世界書物としての伝奇

曲亭馬琴論のためのディスクール(その一)

曲亭馬琴論のためのディスクール(その二)

  • 江戸の怪力乱神
  • 悪のひそむ市井 ―『兎園小説』と猟奇探究―
  • 江戸頓死くらべ ―江戸のタナトロジイをめぐって―

曲亭馬琴論のためのディスクール(エピローグ)

あとがき

初出一覧

[][]出だし

 「このことは一つの教訓的なアイロニイであるが」と、イギリスの思想史家アーサー・O・ラヴジョイが『現代の偉大な連鎖』という大著の中で書いている。

 「思想史にあっては、一つの世代が一思想傾向とかそれと同質の哲学的ムードとかのために導入する原理が、かえって予想外に、まるで反対の傾向の萌芽をはらんでしまっていることがよくある。潜伏していた含有成分が、逆にそれが奉仕しようとする時代精神(ツアイトガイスト)の破壊者になるのである」

 ラヴジョイの書中のこの章は、いみじくも『ロマン主義と充足(プレニチュード)の原理』と題されているが、このような教訓的アイロニイは、江戸時代の思想史のうちにもパラレルな精神現象として見出される。一つの原理の存在のあまりにもの強調が、かえってその不在をあからさまに示すことになるのである。

(中略)

 もしもわれわれが、馬琴のそんな観念的努力だけに問題を還元してしまったら、『八犬伝』世界の清濁あわせそなえた豊富さは眼に入ってこないだろう。『八犬伝』の架空の世界創造は、もちろん決して時代から孤立した現象ではなかった。いつどこでとは明確には指定できないが、いつかどこかで河床を変えた江戸精神史の流れと随所で交錯しているのである。

csoteqakccsoteqakc2007/04/11 12:49<a href=http://roccofoloper.sblog.cz>sauna belt</a> sauna belt http://roccofoloper.sblog.cz sauna belt